オーエスシートについて

これからの日本に備えるオーエスシート

2019年問題を始め、少子高齢化・環境問題など将来の日本には様々な問題が山積しています。オーエスシートは、空室増加による修繕積立金不足・人手不足による工価格の高騰を防水工事の観点から解決します。

「2019年問題」とは日本の世帯数が2019年の
5,307万世帯をピークにその後減少していくと
予想されています。
それに伴い、空室が増え、修繕積立金不足により、建物の修繕費に関する計画変更が
必要になってきます。

修繕コストの見直し
修繕内容の精査

(貴重な修繕費を集客に繋がる箇所に費用をかけ、屋上防水工事費は必要最低限且つ10年保証)

オーエスシートは10年補修保証の付いたシンプル・簡単施工の防水工事を提案しております。
修繕費の削減や費用分配の精査・再検討における効果が期待できます。

これからの日本に備えるオーエスシート

下地 コンクリート
面積 平場 300㎡ 立上り24㎡
改修ドレン 6箇所
脱気筒 6箇所
防水押え金物 80m
荷揚げ レッカー
防水工法名 工事金額 経費込価格(円/㎡) 防水のみ価格(円/㎡)
ウレタン塗膜防水脱気絶縁工法 1,987,000 6,130 4,850
塩ビシート防水機械的固定工法 1,945,000 6,000 4,450
オーエスシート防水 1,646,000 4,590 3,160

現在も問題となっている少子高齢化は今後も加速していくと予想されています。2013年は25.1%で総人口の4人に1人でしたが、2035年には33.4%で3人に1人が高齢者になり、各業界で深刻な人材不足やなどが懸念されています。

生産年齢人口の大幅な減少による慢性的な人材不足
人件費の高騰
工事価格の高騰

オーエスシートは他の製品と比べると簡単に施工が可能で、未習熟者でも容易に
作業ができる部分が多く、人材確保がしやすく、作業工程の簡略化により
全体の作業員数削減も可能になり省力化できます。
ゆえに工期の短縮・コスト削減にも繋がります。

これからの日本に備えるオーエスシート

下地 コンクリート
面積 平場 300㎡ 立上り24㎡
改修ドレン 6箇所
脱気筒 6箇所
防水押え金物 80m
荷揚げ レッカー
防水工法名 工程数 内容
ウレタン塗膜防水脱気絶縁工法(平場) 5 1.プライマー 5.トップコート塗布
2.通気マット貼り(ジョイントテープ貼り)
3.ウレタン1層目塗布
4.ウレタン2層目塗布
※5工程だがウレタンの硬化時間が必要なため次工程に移りにくい
塩ビシート防水機械的固定工法(平場) 7 1.絶縁緩衝マット仮接着ボンド塗布 5.シートジョイント溶着接合理
2.絶縁マット貼り(ジョイントテープ貼り) 6.ディスク誘導加熱接合
3.ディスクアンカー取付 7.シート端部シール処
4.塩ビシート敷設
※次工程に移りやすいが工程数が多い
オーエスシート防水(平場) 4 1.プライマー塗布
2.オーエスシート貼り(転圧)
3.ジョイント部熱溶着
4.トップコート塗布
※工程数が少なく次工程に移りやすい

1997年に京都で開催された気候変動枠組条約第3回締約国会議で先進国及び市場経済移行国の温室効果ガス排出の削減目的を定めた事で大きくクローズアップされた環境問題ですが、オーエスシートは環境問題に考慮した製品となっております。

オーエスシートは㎡あたり使用する材料が少ないので、製造の際に発生する
温室効果ガス減少に繋がります。また施工過程においても溶融の際のトーチバーナーの
使用を最小限に抑えますので、温室効果ガス発生の抑制にも繋がります。

これからの日本に備えるオーエスシート

下地 コンクリート
面積 平場 300㎡ 立上り24㎡
改修ドレン 6箇所
脱気筒 6箇所
防水押え金物 80m
荷揚げ レッカー
防水工法名 材料数 内容
ウレタン塗膜防水脱気絶縁工法(平場) 5 1.プライマー 5.トップコート
2.通気緩衝マット
3.ジョイントテープ
4.ウレタン
塩ビシート防水機械的固定工法(平場) 7 1.絶縁緩衝マット仮固定用ボンド 5.塩ビシート
2.絶縁緩衝マット 6.シート溶着剤
3.ジョイントテープ 7.シート端部用不定形シール
4.ディスクアンカー
オーエスシート防水(平場) 3 1.プライマー
2.オーエスシート
3.トップコート

実際の施工の様子をご覧下さい。

オレンジベストの作業者が熟練作業者、ブルーベストの作業者が非熟練作業者で1チーム。2チーム計4名の作業者で平場シート貼り50㎡を30分で施工する画像です。ブルーベストの作業者はトーチバーナーを扱っていません。平場面積300㎡であれば3時間で施工が可能です。300㎡の面積を3時間で施工できることと、その内の半数が非熟練作業者であることは施工価格及び人材確保にとって大変大きなメリットを生み出します。

オーエスシートの導入を考えてみませんか?

将来の為に「備え」を考えることは非常に重要です。近い将来日本が直面する可能性が高い問題にいち早く対処するためにも、一度オーエスシートの導入を考えられてはいかがでしょうか?

より詳しくオーエスシートについて知りたい方は、カタログをご用意しております。

カタログのダウンロードはこちら

その他資料のダウンロードはこちら▼

お問い合わせ

取扱い加盟店募集サンケンではオーエスシートの取り扱い加盟店を募集しています。

ページトップ